介護リフォーム《家族にとって安全な環境づくり》



住宅改修を行う前に必要書類を揃えて、申請する必要がある「介護リフォーム」。
「高齢者住宅改修費用助成制度」(介護保険により20万円を限度としてその費用の9割支給)に関して、当社が申請のお手伝いをします。※年度により内容が変更になる場合がございます。

  段差をなくす
家の中と外の段差を徹底的になくすことで、転倒事故などを未然に防ぐことができます。
◆階段のあるエクステリアにスロープを取り付ける
◆部屋と部屋の敷居を失くし、フラットデザインに
◆畳をフローリングにして、車いすもスムーズに


  手すりをつける
ご年配の方にとって、移動しやすい住まいに。
階段や廊下をはじめ、部屋の入り口や、滑りやすい浴室、座る・立つの動きが多いトイレなど、さまざまな箇所に手すりを取り付けることをおすすめします。
また、玄関やアプローチのスロープにも手すりは必要不可欠です。


  扉から引き戸に
ドアは、向こう側に立つ人に当たったり、強い風で勢いよく「バタン!」と閉まってしまうなど、ケガや事故を引き起こしかねません。
その点、引き戸は車椅子の方でも簡単に開け閉めでき、敷居もありませんので安全です。


  ヒートショック対策
冬場に起こりやすいヒートショックは、主に部屋ごとの温度差によって起こります。
◆温かいリビングから寒い廊下に出たとき
◆寒い脱衣所や浴室に入ったとき
など、温度差によって血管が収縮し、心筋梗塞や脳出血を起こす恐れがあります。
ヒートショック対策としても、あたたかく安全なお風呂にリフォームすることも大切です。


  床は明るく照らし、滑りにくい素材を
転倒防止対策として有効なのは「滑りにくい床材」と「足元を照らすテールランプ」です。
小さな段差にもつまづきやすくなるため、階段・廊下・玄関アプローチには足元を明るく照らすためのちょっとした工夫も重要。
浴室の床などは滑りにくい素材にし、事故を未然に防ぐことで、骨折などのケガからくる寝たきり防止にもつながります。

▼その他のリフォーム▼

一覧に戻る

▲TOPへ